読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REAKTOR6

皆様、先日のGWをどのように過ごされましたでしょうか?

帰省された方、旅行に行かれた方、家でのんびりと過ごされた方、
また、ずっとお仕事で忙しかったという方など様々かと思います。

私は、風邪を拗らせGWが台無しでした。

そんな苦しんでる中、やはりジィットしてられません。

やはりパソコンを開き何かを探したり試したりしてる中、面白い物を発見しましたのでご紹介をします。

 

VHS Audio Degradation Suite

f:id:otoyakoubou:20170508143601j:plain

 

うん?と興奮した方もいるかと思われます。

はい。

VHSテープ エミュレーターです。

コーラス(Chorus) - 入力信号のピッチ変化を追加します。 ステレオワイドナーとしても機能します。
マイクエミュレーション - マイクに再録音された信号をシミュレートします。 「マイク」から。 約15%のCPU使用量を追加します。

 "Tape Mate"アンサンブルからのプリアンプトーンとドライブコントロール。 これは、VCRの入力回路をエミュレートします(多少)。

Slew Limiter - Tape Mateのアイデア。 ノブは、テープの年齢や世代をシミュレートするために「Wear」とラベル付けされています。

コンプレッサー - 入力信号をさらに増強し、ダイナミックレンジを制限します。

2バンド・フォランダー - 世代がテープに追加されると、ハイが下がり飽和します(約15kHzから7kHzまで)。 クロスオーバーコントロール(スプリット)を使用すると、信号を低域と高域に分割し、それぞれを別々に飽和させることができます。
LPF - 信号のハイ・カットを制御します。

4極ローパスフィルタ。
Wow / Flutter - トラッキングとスピードの不完全さをエミュレートします。 "Simpler Vintape"より。
ノイズ - VHSテープから記録された実際のサンプルと、通常のホワイトノイズジェネレーター。 ポストまたはプリエフェクトを挿入することができます。
ワウ/フラッター - 若干異なるワウ/フラッター(テープメイトのもの) - テープを再録音すると、このような追加のピッチバリエーションがあります。 追加の低および高カットコントロール
出力 - モノに加算するオプション。

などプリセットもあり色々と再現できたり、色々文字を並べると意味がわからなくなると思いますので、実際に触れてください。

https://www.native-instruments.com/en/reaktor-community/reaktor-user-library/entry/show/11003/

フリープラグイン MScontrol

Tel'it Audio MScontrolの無料プラグイン

https://tekit-audio.com/products/effects/mscontrol/

MS。

(マサ斎藤さん。ではございません)

Mid Side

MS調節ができるプラグインです。

音楽とナレーター様の声がどうして•••チョメチョメと言う時に小さじ程度にブッ込んでます。

*チョメチョメとはウィキペディアで調べてください!

センター定位のナレーター様の声を前後に移動させます。

 

f:id:otoyakoubou:20170407121919j:plain

すると、あら。

程よくバランスが取れます。

写真の使い方は自分用にしてますが、実際は超簡単です。

処理したいチャンネルに注入するだけ。

上の段がMid

下の段がSide

ソロ、ミュート、ゲイン、パンニング細かく設定はできますが、単純にGAINを回すだけで調節を行えます。

回しすぎると奥行きなど色々なバランスを失い違った問題も出てきますので、良いところで処理です。

簡単そうで実はとても難しいです。

*入手時、今は解決してますが

当時、登録後リンクメールが来るはずのメールがなぜかきませんでした。

そして、昨夜MScontrolの事を思い出し本日再登録し無事ダウンロードができ試運転を行いました。

 

なので私がMS調整する時はここで紹介したのとは全く違うプラグインを使ってます。

フリープラグイン Wavesfactory SK10

 

Wavesfactoryの無料プラグイン

https://www.wavesfactory.com/product/sk10/

サブキックシュミレータ『SK10』

f:id:otoyakoubou:20170330165743j:plain

 

ヤマハの低音域専用マイク YAMAHA SKRM100

f:id:otoyakoubou:20170330165803p:plain

主にキック(バスドラム)の補助マイクとして使われる機材です。

 

それに似たようなもので、グググググ~と回して行くと超低域を付加されていきます。

 

Win/Mac、32/64bit、VST/AU/AAX対応。

 

劣化した素材にはもってこい!

と、あるブログから拝見し試してるのですが、EQと違った効果で微調もでき超低域を付加。

 

 

 

そこで、色々とやっているうちにある問題に気づきました。

それは、プライベートで使ってるliveのエクスポートしたファイルの音

プライベートのliveのエクスポートした音!?

 

 

つづく

新年明けましておめでとうございます。と元旦にスタートしたかったブログです。

遅くなりましたが、やっとの事でブローグの設置ができましたので挨拶させていただきます。

旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。